財布の中身は残金12円

趣味のために働く既婚サラリーマンの気晴らしブログ。Ninja400Rで週末(最近はほぼ月1)ライダーやっています。

Bluetoothレシーバーをヘルメットに取り付けてみた

f:id:zankin12yen:20160923010721j:plain

シルバーウィーク、みなさんはどのように過ごされましたか?

私ですか?
もちろんバイクでツーリング!……する計画でしたが、天気に恵まれずに一日中家に引き籠ってました(´;ω;`)雨の日の過ごし方ってどうすればいいんでしょう。バイクに出会うまでは根っからのインドア派だったこともあって、ゲームばかりやってしまいます。ウィッチャー3、かなり捗りました……。


今年はそんな残念なシルバーウィークでしたが、手持無沙汰だったのでヘルメットにBlutoothレシーバーを取り付けてみました!


ヘルメットには現在、「4 Riders Interphone-V4」という中国製の安物インカムを取り付けています。そこそこの音質で最大4人の同時通話ができるコスパに優れたインカム。一方で、インカムの固定ベースが破損したり、音量がMAXなのにかなり小さかったりと値段なりの不満もありました。ちなみに、一緒に買った友人のは、走行中にアンテナカバーが吹き飛びました。
f:id:zankin12yen:20160923020927j:plain

「そろそろ新しいのにしたいなぁ。買うならSENAかB+COMかな( ^ω^)」そんなことを考えていましたが、ふと認めがたい現実に気付きました。


一 緒 に ツ ー リ ン グ す る 人 が 居 な い 。


地元の友人たちはバイクを辞めてしまい、職場の先輩も異動で別の支店へ。ここ最近のツーリングはいつも独り。Bluetoothレシーバーで充分だった(白目)

そんなわけで、調子の悪い安物インカムを取り外し、Bluetoothレシーバーに付け替えることにしました。
 

Bluetoothレシーバーとヘッドホンを用意します

BluetoothレシーバーはエレコムLBT-PAR500AV。ちょっと前に買っていたのですがタンスの肥やしになっていたので、これを活用します。
ヘッドホンはaudio-technica製のものを新たに購入。Amazonレビューを見ると、薄型なのでヘルメット内部に取り付けても邪魔にならないと好評のようです。
f:id:zankin12yen:20160923020600j:plain

Bluetoothレシーバーの仕様を中国製インカムと比較すると、連続動作時間は倍以上。日帰りツーリングでは充電できる機会がないので、この点は良いですね!でも、本体が防水仕様でないので天気を選んで運用する必要がありそうです。

仕様 LBT-PAR500A Interphone-V4
価格(2016年2月時点) 4,080円 9,900円
連続待受時間 約350時間 約240時間
連続動作時間 約18時間 約8時間
防水 × 生活用防水

 

ヘッドホンを加工します

ヘッドホンをヘルメットに取り付けるために、干渉する耳かけフックを切り離します。デザインナイフとやすりでこんな感じに↓
f:id:zankin12yen:20160923020543j:plain

ヘルメットには面ファスナーを使って固定します。面ファスナーは、気まぐれで買っておいた3M製のものを使います。ちょっと値段が高いですが、吸着力すごいオーラがすごい。
f:id:zankin12yen:20160923020634j:plain

 
ヘルメットの耳の位置には軽い凹みがあるので、ここにヘッドホンを固定。凹み部分は布で覆われていて面ファスナーの粘着テープが使えないので、布を剥がして出てきた樹脂に貼り付けています。
f:id:zankin12yen:20160923020651j:plain
 

Bluetoothレシーバーをヘルメットに固定します

ヘルメットとBluetoothレシーバーも面ファスナーで固定しました。取り付け位置は、前のインカムと同じ左頬のあたりです。
f:id:zankin12yen:20160923020705j:plain
それと、ヘッドホンケーブルをヘルメット内部に綺麗に這わせて、上の写真のように端子部分をヘルメット左側からちょろっと出しておきます。

Bluetoothレシーバーをヘルメットにつけて完成!
f:id:zankin12yen:20160923020723j:plain
 

Bluetoothレシーバーをヘルメットに取り付けてみた感想

ハンドメイドですが、それなりのクオリティに仕上がったと自負しています(`・ω・´)ドヤァ

バイク専用のBluetoothレシーバーを買うよりもずっと安く済むので、手っ取り早く環境を整えたい方にはお勧めです。ただ、専用品でないので当然欠点も。まだ、実際に公道に出て使っていませんが、メリット・デメリットをまとめるとこんな感じだと思います。

メリット

  • コスト:およそ5,000円以内でワイヤレス環境が手に入る
  • 音質:これまで使っていた中国製インカムよりも音質が断然良いので、走行中でもナビ案内音がクリアに聞き取れる(と思います)

デメリット

  • 防水:防水仕様でないため、雨天の使用は厳禁←最大の欠点
  • 通話:インカムを持つ他人と通話できない(本体に通話用マイクが設けられていますが、ヘルメットの外側に本体を固定するので事実上は通話不可能)


これからのソロツーリング生活がより豊かになること間違いなし!
ですが、やっぱり皆とワイワイ会話しながらのマスツーリングもまたやりたいなぁ……(遠い目)