読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布の中身は残金12円

趣味のために働くリーマンの気晴らしブログ。

ドゥカティ スクランブラーSixty2で嬬恋ツーリング

バイク-ツーリング インプレッション バイク-レンタルバイク バイク

f:id:zankin12yen:20160522162405j:plain
関東が梅雨入りして約10日が経ちました。早く梅雨が終わらないかと雨雲を見て悶々とする日々を送っている私ですこんにちは。
唐突ですが、Ninja400RからドゥカティスクランブラーSixty2に乗り換えましたっ!
f:id:zankin12yen:20160522162139p:plain
私の職場にバイクが趣味の先輩がいます。カメラが趣味ということも共通していて、度々気になるカメラ用品を思い付きでお勧めしてくれる良い先輩です。
5月半ばに、その先輩から先輩の同期の方たちと計画するレンタルバイクツーリングにお誘いいただいたので、ご一緒してきました!

ツーリングルート

誘われたのに、ルートを考えたのは私。後輩だから仕方ないね。

ツーリングの目的地は、群馬県の西端に位置する嬬恋村にしました。
嬬恋村は、夏の冷涼な気候を活かした高原野菜の栽培が盛んで、高原キャベツの産地として知られています。

そんな嬬恋のキャベツ畑の中を爽快に走ることができる「つまごいパノラマライン」という広域農道がありまして、これが北海道を彷彿させる景色でおすすめのツーリングスポットなのです!

バイクは、ライコランド高崎店でレンタル。北上し、榛名山を抜けて草津方面からつまごいパノラマラインへ。帰りは北軽井沢を東に横断して高崎へ戻ります。
走行距離がだいたい180kmくらいのショートツーリングです。

スクランブラーSixty2をレンタル!

f:id:zankin12yen:20160522222242j:plain
今回のツーリングで乗るバイクは、レンタル819の加盟店であるライコランド高崎店でレンタルしました。
ちょうど「Try the Redキャンペーン」というドゥカティバイクのレンタル料が10%OFFになるキャンペーンが実施中だったので、今年発売された400ccのスクランブラーSixty2を借りることにしました!

レンタル819公式サイト → https://www.rental819.com/
キャンペーンページ → https://www.rental819.com/ad-event/ducati/

f:id:zankin12yen:20160522194347j:plain

レンタル料金は、スクランブラーSixty2の貸出区分が「P-4クラス」なので、

  • 8時間利用で12,400円のところ、キャンペーン10%OFFで11,160円
  • オプション車両補償:3,200円

合計14,360円となりました。うーん……。なかなか良いお値段。ちなみに3人の先輩たちは、ZRX1200 DAEG、CB400SB、CBR250Rを借りていました。

10:30 ツーリングスタート

レンタルの手続きやバイクの操作説明が終わって、出発したのは10:30頃。
まずは早めの昼食。榛名湖近くにある大澤屋へ行って水沢うどんを食べました。
水沢うどんは、群馬県渋川市伊香保町水沢付近で名物料理とされるうどんです。 讃岐うどん稲庭うどんと並んで、日本三大うどんの一つとも言われるそうです。

この日は写真を撮れなかったので、2年前に行ったときの写真を貼ります。この先輩たち、全然写真を撮らない。うどんが来たらすぐに食べ始めるから、撮りづらいよ……。
f:id:zankin12yen:20160522215054j:plain
麺は細めで強いコシと弾力があり、表面はツルツルとして輝いています。舞茸の天ぷらはボリュームがあってカラッと揚げられていて食べ応え十分。ほんのり塩味が効いていて、美味しかったです。
f:id:zankin12yen:20160522215103j:plain


榛名湖に至る県道33号線には、非常に長いストレートがあって気分爽快(・∀・)
そのストレートの中央あたりに、榛名湖メロディーラインという、時速50km/hで走ると「静かな湖畔」が聞こえる区間があります。
でも、残念なことにバイクだとメロディ聞こえませんでした……。タイヤの接地面積が小さいのと、エンジン音が大きいのが原因でしょうかね。YouTubeに車でメロディーラインを走行した動画を発見!

榛名山の山頂で休憩。
山頂にはカルデラ湖である「榛名湖」と中央火口丘の榛名富士(標高1,390.3 m)があります。まあ綺麗なお椀型ですこと( ^ω^)
f:id:zankin12yen:20160522214649j:plain

f:id:zankin12yen:20160522214759j:plain:w270 f:id:zankin12yen:20160522214710j:plain:w270

榛名湖から北西へと抜ける県道28号線は、裏榛名とも言われています。
3車線(下り1車線、上り2車線)で道幅が広い!路面状態が良い!コーナーはきつくない!交通量が少ない!と、非常に走りやすい快走路なのです!
走っていて非常に気持ちの良い道でした。途中でおかしい速さのバイクとすれ違ったり、抜かれたりしましたが……。安全運転でいこうZE☆。


来たぜ!つまごいパノラマライン!

つまごいパノラマラインは、南北2つのルートからなり、嬬恋村を約 2/3 周する全長約30kmの広域農道です。今回のツーリングは北ルートと南ルートの両方を走りました。

f:id:zankin12yen:20160522215314j:plain:h230 f:id:zankin12yen:20160522215327j:plain:h230

f:id:zankin12yen:20160522215337j:plain

どこまでも続く広大なキャベツ畑の中を通る、穏やかなカーブとアップダウン。遮るものがない青空の中、浅間山を眺望しながらキャベツ畑の中を爽快に走ることができます。
キャベツは収穫されていて緑が少なめですが、これでも十分良い景色!

まるで北海道のような景色で、会社の先輩が「北海道以外にもこんな雄大な景色があったとは!」と喜んでいました。ヤッタゼ。

つまごいパノラマライン北ルート沿いに、「愛妻の丘」というスポットがあります。
毎年9月の行われる「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」イベントが実施される場所で、叫び台や愛妻レターボックスが設置されています。ここに来ればいつでも誰でも愛を叫べる、そんな場所なのです。
www.aisaika.org

というわけで、おっさん4人で行ってきたゾ!
丘の頂上に足形の付いたレリーフがありました。二人で足形の上に立つと、顔がめちゃくちゃ接近することになるので、夫婦やカップル以外の方にはオススメできない。

f:id:zankin12yen:20160522215622j:plain:h300 f:id:zankin12yen:20160522215831j:plain:h300
f:id:zankin12yen:20160522215848j:plain

丘の頂上にある叫び台から望むパノラマ。右奥の山が浅間山(噴火警戒レベル2なう)。
叫び台には鐘が設置されています。おそらく夫婦で愛を誓うときに鳴らすものなんでしょうけれど、4人のおっさんは一人ずつ順番に無言で鳴らしました。


そんなわけで、返却時刻までにライコランド高崎店に戻り、無事に嬬恋ツーリングは終わりました。楽しかったです まる

スクランブラーSixty2のインプレッション

スクランブラーSixty2に乗った感想を簡単にまとめてみました。
バイク所有歴がNinja400Rのみの人間によるざっくりインプレッション(`・ω・´)

スタイリング

伝統なスタイルに現代的な要素が組み合わせられたデザイン。実際に目にすると予想以上に格好良い!パッと見て400ccクラスとは思えないほどの上質さが備わっています。さすがドゥカティ

f:id:zankin12yen:20160522194347j:plain
ヘッドライトはシンプルな丸型で、それを取り囲むようにLEDタイプのリングライトが配置されています。マフラーもショートタイプで見た目良し。
f:id:zankin12yen:20160522194402j:plain

シートは座面がフラットで長いので、自分にあったポジションで乗れます。中央がくびれているので、足つきも良好です。ちょっと硬めのシートなので、150km走るとお尻が痛くなりました。
f:id:zankin12yen:20160522194456j:plain

スペック

Ninja400Rと比較すると、エンジン出力はさほど変わりません。
軽量な車体(乾燥重量167kg)でシート高が低いので、乗りやすさはSixty2に軍配が上がりそう。でも、値段が高いよぉ……。

車種 Sixty2 Ninja400R
最高出力 PS/rpm 40/ 8,750 44 / 9,500
最大トルク kgf・m/rpm 3.5 / 8,000 3.8 / 7,500
シート高 mm 770 790
車両重量 kg 183 203
燃料タンク容量 L 14 15
価格(税込) 89.9万円 66.8万円

エンジン

f:id:zankin12yen:20160522202049j:plain
エンジンは、空冷L型2気筒。空冷エンジンバイクに乗るのは初めて。

タンクに「炎上の恐れがあるので、5分以上のアイドリングは絶対に避けてください」というステッカーが貼ってある。怖い。

低回転域が安定しており発進は楽で、街乗りしやすいと思います。鼓動感もあって、4000〜6000rpmあたりのエンジンのサウンドが気持ち良い。ただ、同じ2気筒のNinja400Rよりは振動があるので、長距離走ると疲れそうな感じではあります。

楽なポジション

f:id:zankin12yen:20160522194429j:plain
バーハンドルは高めでワイド。自然なポジションをとれるので、疲れにくかったです。
でも、ミラーとハンドルの距離が近いので、ハンドルから手を離したときにミラーに当たることが何度かありました。

メーターは丸型

f:id:zankin12yen:20160522194442j:plain
丸型シングル・メーターがヘッドライトの右上にあります。中心に速度表示。下半分にエンジン回転数が表示されます(回転数が上がると、時計回りにバーが点灯)。
そのほか、オドメータートリップメーター、時計、外気温計、時計などの情報も表示されます。私としては外気温計がいい感じ。
あと燃料計はありませんが、リザーブでの走行に切り替わるとリザーブになってからどれだけ走ったかを示す「燃料リザーブトリップメーター」が表示されるようです。

走り

車体が軽いので、ハンドリングは癖がなく軽快。ワインディングが楽しかったです。
でも、リアブレーキがNinja400Rと比べると全然効かなかったです。車体が軽量で排気量400ccだから、そういう設定なんでしょうかね。制動というよりはバランスコントロール用に使うイメージが良いと感じました。

燃費

今回のツーリングの走行距離が177kmで、消費燃料は6.92L(ハイオク指定)。
燃費は25.6km/Lでした。
高速道路を走らず、山道がメインでしたので、400ccクラスとしては十分な数値ではないでしょうか。

買う?

確かに乗って楽しいバイクではありますが、値段が高い。
あと10万円ほど出せば、105万円のスクランブラーアイコン(排気量800cc)が買えるんですよねぇ。大型二輪免許を持っているので、私ならSixty2でなくアイコンを買うかなぁ。

ドゥカティ公式HP|スクランブラーアイコン→http://scramblerducati.com/jp/bike/icon

インプレッション記事には、Sixty2は「エントリーモデルとしては最適!」「バイク初心者におすすめ!」と書いてあるものがありますが、私としては

  • 大型免許を取る資金をバイクに充てたい
  • 取り回しが楽な400ccクラスの中型バイクをチョイスしたい

といった人にお勧めなバイクだと感じました。

スクランブラーSixty2をレンタルした感想

いつも乗っているNinja400Rにはない軽快さを楽しめたのが良かったです。
でも、やっぱり自分には合っているのは、カウルがあって長距離が楽で、走りが安定しているNinja400Rだなぁと改めて感じました。

 

広告を非表示にする