財布の中身は残金12円

趣味のために働く既婚サラリーマンの気晴らしブログ。Ninja400Rで週末(最近はほぼ月1)ライダーやっています。

初めての北海道ツーリングの準備する(1︰行き方検討編)

f:id:zankin12yen:20170616003048j:plain
By ちいちゃいおっちゃーん (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

行くぜ北海道!

今年は北海道ツーリングします!念願の!
過去のエントリーで、何度か「今年は北海道ツーリング行くぞ!」と言っていましたが、あれは嘘じゃない(・ิω・ิ)
もちろん妻からの許可をもらっています。お盆休みを使って、心置きなく北海道を満喫しますよ!

というわけで、これから何回かに分けて、北海道ツーリングの準備 のエントリーをアップしていこうと思います。
 

北海道へ行く手段は?

北海道ツーリングをするにあたって、まず大事なのが北海道への行き方。
関東からはどうやって行くのが良いのか、現実的なアクセス手段について調べてみました。

定番の長距離フェリー

北海道ツーリングといえば、真っ先に思い浮かぶのが長距離フェリーで移動!
バイクで乗船する瞬間のワクワク感に、のんびりと過ごす船旅。ええやん(`・ω・´)

私の家(東京)から利用しやすいフェリーは、商船三井フェリー新日本海フェリーの2つ。それぞれの乗船時間と金額をまとめました。

(1)商船三井フェリー

東京からだと最も近いフェリーターミナルが茨城県の大洗港。ターミナルまでは2時間弱で着くので、北海道ツーリングに備えてしっかりと体力を温存できそうです!

〈2017年8月の運行情報>

発着 大洗港(茨城県)~苫小牧港
行き 19:45発→翌日13:30着(19時間45分)
帰り 翌日14:00着←18:45発(21時間15分)
運賃(片道) 旅客運賃:14,910円(カジュアル)
バイク:11,310円(400cc以下)
良いところ 関東からのアクセスが最も良い!(片道130km)
気になるところ フェリーの中では割高

【公式サイト】http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml

(2)新日本海フェリー

大洗港に次いで近いのが、新潟県の新潟港。新日本海フェリーは航路が2つあって、どちらも商船三井フェリーよりも金額が安め。特に小樽港の航路は到着が早朝なので、初日を目一杯走れるのが魅力!

〈2017年8月の運行情報>
◆小樽港行き

航路 新潟港~小樽港
行き 11:45発→翌日4:30着(16時間45分)
帰り 翌日9:00着←19:00発(14時間00分)
運賃(片道) 旅客運賃:10,180円(ツーリストC、J)
バイク:10,180円(750cc未満)
良いところ 小樽到着が早朝なので、初日をフルに使える!
フェリーに1人用の個室があるので、コミュ障の私に最適!
気になるところ 新潟港まで遠い(片道350km)

◆苫小牧東港行き

航路 新潟港~苫小牧東港 ※秋田港経由
行き 23:05発→翌日17:20着(18時間15分)
帰り 翌日9:30着←19:30発(14時間00分)
運賃(片道) 旅客運賃:10,180円(ツーリストJ)
バイク:10,180円(750cc未満)
良いところ フェリーに1人用の個室があるので、コミュ障の私に最適!
気になるところ 新潟港まで遠い(片道350km)


自走からの短距離フェリー

青森まで自走して、そこから短距離フェリーに乗るという手段。
フェリーは津軽海峡フェリー青函フェリーシルバーフェリーの3つありました。北海道までの道のりも楽しみたい場合にはオススメ?

長距離フェリーと比べるとフェリー代がかなり安いです。それと一日の便数が多いので、ツーリング計画が立てやすそう。
ただ、フェリーターミナルのある青森県まで片道700kmあります(白目)
高速代とガソリン代、自走に必要な体力を考えると、あまり大きなメリットはないかもしれません(´・ω・`)

(1)津軽海峡フェリー

〈2017年8月の運行情報>

航路 青森港~函館港
便数 1日8便
所要時間 3時間10分~3時間40分
運賃(片道) 旅客運賃:3,190円(スタンダード)
バイク:3,830円(750cc未満)

(2)青函フェリー

〈2017年8月の運行情報>

航路 青森港~函館港
便数 1日8便
所要時間 3時間50分~4時間
運賃(片道) 旅客運賃:2,000円
バイク:3,000円(750cc未満)

【公式サイト】http://www.seikan-ferry.co.jp/index.html

(3)シルバーフェリー

〈2017年8月の運行情報>

航路 八戸港~苫小牧港
便数 1日4便
所要時間 7時間15分~8時間30分
運賃(片道) 旅客運賃:5,000円(2等)
バイク:7,000円(125cc超)

【公式サイト】http://www.silverferry.jp/ 

バイクと自分は別々に移動

バイクを航空輸送や陸上輸送で北海道へ送って、自分は別ルートで上陸する方法も。ANAが企画するスカイツーリング北海道と陸上輸送のBAS便について、調べてみました。

(1)スカイツーリング北海道

自分とバイクが同じ飛行機で移動するというもの。航空券と宿泊費、バイク輸送費がひとまとめにされたツアーです。
今年のお盆シーズンの料金は、たった2泊で185,800円~217,300円……。お金に余裕はあるけど、時間に余裕がない人向けのサービスですね(;・∀・)

(2)BAS便

全国にあるデポ(輸送所)からデポまでをトラックで輸送してくれるサービス。
都内のデポから北海道までの輸送量は、だいたい5万円くらいでした。
自分自身の交通費が別に必要なので、合計でそれなりの金額になりそうです。フェリーの予約が取れなかったときの選択肢として考えるならアリ……かな?

現地でレンタルバイク!

自分のバイクでなくてもOK!という場合は、北海道でバイクをレンタルする手段もありますね!レンタルバイク大手のレンタル819だと、新千歳空港の近くに店舗がありました。

肝心のレンタル料ですが、P-4クラスだと15,500円(初日)+10,800円/日(2日目以降)。
さらに、北海道までの自分の交通費も必要なので、お財布事情と相談しながらツーリング日数を決めると良さげです。
北海道まで格安航空券を利用すれば、安く抑えられそう。ざっくりと調べたところ、お盆期間では羽田~新千歳空港の往復で4万円くらいでした。

北海道への移動費はいくらかかるの?

私が北海道ツーリングした場合、移動費の総額はいくらになるのか、アクセス方法ごとに整理してみました。ガソリン代はNinja400Rの平均燃費25km/L、レギュラー120円/Lで計算。

アクセス方法 総額(往復) 内訳
商船三井フェリー 58,440円 ・フェリー代:52,440円
・自宅~大洗港:6,000円(高速代4,800円、ガソリン代1,200円)
新日本海フェリー 54,720円 ・フェリー代:40,720円
・自宅~新潟港:14,000円(高速代10,600円、ガソリン代3,400円)
自走&短距離フェリー 34,700~48,700円 ・フェリー代:10,000~24,000円
・自宅~青森:24,700円(高速代18,000円、ガソリン代6,700円)
スカイツーリング 185,800円~217,300円 ・ツアー代:185,800円~217,300円 ※宿泊代込み(2泊)
BAS便 約140,000円 ・バイク輸送代:約100,000円
・航空代:約40,000円(格安航空券)
レンタルバイク 約98,700円 ・レンタル代:58,700円(5日間と想定)
・航空代:約40,000円(格安航空券)

総額は、自走&短距離フェリーが最安になりました。
次いで、長距離フェリーの新日本海フェリー商船三井フェリーの順番。この2つは思ったより金額差は出ませんでした。好みに合わせてどちらを選んでも良い感じ。

バイクに拘りがなければ、レンタルバイクも選択肢に入りそうです。レンタル日数を減らせば、もうちょっと安くできますし。
残りの2つは、私のお小遣いでは無理です……(´-ω-`)

長距離フェリーに決めた!

f:id:zankin12yen:20170621010218j:plain
写真:東京湾フェリーにて

初めての北海道ツーリングですし、乗り慣れた自分のバイクで巡ってみたい!そして、やっぱり定番のフェリーで船旅を楽しみたい!でも、青森まで自走するのはちょっと……。

ということで、長距離フェリーで北海道へ行くことにしました!

自宅からいちばん近い大洗港から出発できる商船三井フェリーを第一候補に。
新日本海フェリーも予備の選択肢として視野に入れつつ、フェリーの予約をしたい所存です(`・ω・´)


次回「フェリー予約編:お盆の予約合戦に挫けそうです……」 お楽しみに!

「初めての北海道ツーリングの準備する」エントリーまとめ

北海道ツーリングの準備記事は、全5構成です。よろしければこちらもお読みください↓

  1. 行き方検討 ←本エントリー
  2. フェリー予約
  3. 北海道で巡りたいスポット
  4. 荷物と積載を検討する
  5. 積載して練習ツーリング