読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布の中身は残金12円

趣味のために働くリーマンの気晴らしブログ。

午後半休を取得して東京モーターサイクルショー2015に行ってきた

f:id:zankin12yen:20150329223108j:plain

会社休んで遊ぶのって最高やー!

毎年楽しみにしている東京モーターサイクルショー。

幸運なことに職場にバイク好きの先輩方が何名か居て、毎年この日は会社を午後半休して行く恒例イベントになっています。年度末ですが、仕事は粗方片付いていますし、たまには遊びで休んだっていいじゃん。

そんなわけで、東京モーターサイクルショー2015に行った感想を、撮影した写真と共にお送りいたします。*1

 1.入場直前

開催初日の3/27(金)に行きました。午前中は関係者向けの特別公開で、一般公開は午後の13:00から。会場直前だったので、結構な人数が列を作っていました。

事前にコンビニでチケットを買っておいて良かった。

f:id:zankin12yen:20150403173348j:plain

 

2.試乗会を見物

まずは、屋外会場へ。

屋外会場では試乗会が開催されていて、すぐ脇に軽食コーナーがあります。というわけで、お昼ごはんを食べつつ、バイク見学を堪能しました。私も試乗したかったけど、会社帰りのスーツじゃあ厳しいな。

f:id:zankin12yen:20150329223125j:plain

f:id:zankin12yen:20150329223508j:plain

f:id:zankin12yen:20150403173404j:plain

ちなみに、昼食はカレーカツサンドを食べました。パンが濡れていてベチョベチョだった。これで650円は……。 

 

3.国内メーカー

(1)Kawasaki

f:id:zankin12yen:20150403173422j:plain

まずは、Kawasakiのブースへ行きました。目当てはもちろんNinja H2/H2R。実物で見るのは初めてなので、楽しみでした。

これが公道仕様のNinja H2。販売価格が270万円なんて、とんでもねーバイクですね。私には手が届かん。

f:id:zankin12yen:20150403173436j:plain

んで、こっちがNinja H2R。公道を走れませんが、310馬力ですよ!すげぇ!ちなみに価格は540万円だそう。走りも価格も異次元ですね。

f:id:zankin12yen:20150403173445j:plain

ヴェルシス1000。2015年モデルでガラリと外見が変更され、単眼→2眼に。すっかりNinja顔になりましたね。

f:id:zankin12yen:20150403173501j:plain

こちらはNinja250SL。車両重量149kg。軽い。単気筒軽量スポーツモデルは扱いやすく楽しそうで、なかなか興味のあるバイクです。

f:id:zankin12yen:20150329223818j:plain

 

(2)HONDA

f:id:zankin12yen:20150329223624j:plain

次はHondaブース。MotoGP選手のマルク・マルケスのマネキンが膝擦りどころか肘擦りのレベルで迎えてくれます。

メインステージに展示されていたのは、RC213V-S。HondaのHPによれば、

MotoGPのワークスマシン「RC213V」の基本メカニズムを踏襲。究極の公道仕様車として開発したプロトタイプ。

だそうです。すごいバイクですね(興味なし

f:id:zankin12yen:20150403173625j:plain

f:id:zankin12yen:20150403173628j:plain

これはコンセプトモデルのSFA。スリムなトラスフレームに、単気筒エンジンを搭載したストリートファイタースタイルのライトモーターサイクルだそうです。

f:id:zankin12yen:20150403173616j:plain

次は、世界初公開のコンセプトモデルBULLDOG。モーターサイクルを使った楽しいレジャーの世界を提案するモデルだそうです。エンジンは直2の400cc。足つきが良さそうで、街乗りを重視したモデルな感じがしました。f:id:zankin12yen:20150329223828j:plain

あと、NM4-02がシドニアの騎士とコラボレーションしているモデル(NM4-02 継衛 version)があったので、思わず撮影。メーカー公式の痛バイクですね。他にもNM4-02 紅天蛾versionという別バーションが存在するもよう。

f:id:zankin12yen:20150329223749j:plain

 

(3)SUZUKI

f:id:zankin12yen:20150403173740j:plain

Suzukiのブースです。ここの目当ては新型モデルのGSX-S1000!次期購入候補としたいバイクなので、しっかりチェックをしてきました。

まず見て感じたのが、意外と車体がコンパクトだったこと。ネット上の写真を見るとずんぐりした印象だったのですが、テールがシュッとしている形状もあってか、 スリムな印象に見えました。いいぞ、これはいい。

f:id:zankin12yen:20150329223701j:plain

跨りたかったのですが、人が多くて断念。ただ、跨っている人を見るとそれほど足つきは悪くないようでした。ポジションも乗りやすそう。

f:id:zankin12yen:20150329223709j:plain

f:id:zankin12yen:20150329223837j:plain

これはGSX-S1000のフルカウルモデルであるGSX-S1000F。こっちは跨ることが出来ました。足つきは踵ベタつきで良好、ポジションもNinja1000よりは若干前傾な感じがしますが、楽でした(私のスペック情報:身長174cm、股下80cmくらい)。

f:id:zankin12yen:20150329223729j:plain

ちなみに写真は俺じゃない。

 

(4)YAMAHA 

f:id:zankin12yen:20150403173904j:plain

YAMAHAです。

ブース中央には新型のYZF-R1がお目見え。前年モデルからスタイル一新。かっこいいですねぇ。

f:id:zankin12yen:20150403173907j:plain

f:id:zankin12yen:20150403173909j:plain

次はMT-09 TRACER!これも次期購入候補。元のモデルであるMT-09も気になるけど、TRACERは「ハーフカウル付属」「燃料タンク容量アップ(14→18リットル)」「アクセサリー電源付属」「尻痛にならなそうなシート」がプラス。これは欲しくなるわい。

f:id:zankin12yen:20150403173919j:plain

f:id:zankin12yen:20150403173921j:plain

実際に跨りましたが、足つきは両足で踵が少し浮くくらい。これなら大丈夫そうです。

 

4.海外メーカー

(1)TRIUMPH

トライアンフのブースも見ました。

ブース入り口で展示されていたストリートトリプルRx。仮面ライダーブラックみたいな名前ですね。別モデルのストリートトリプル85は、値段もお手頃でぜひ欲しいバイクのひとつです。

f:id:zankin12yen:20150403173723j:plain

ストリートトリプルRxと同じステージに展示されていた、デイトナ エースカフェデカールデイトナは以前のツーリングで先輩がレンタルで乗ったのですが、かなり軽快に曲がれて面白いバイクだと言っていました。

f:id:zankin12yen:20150403173725j:plain

 

(2)aprilia

なんだこのガンダムみたいなバイクは!?とよく見たら、アプリリアのTUONO V4R APRCというモデルでした。

排気量999ccのV4エンジンで、馬力は106PS。ハーフカウルかなと思ったんですが、実はネイキッドバイクらしい。

f:id:zankin12yen:20150403173826j:plain

 

5.会場を後にして向かった先は

もちろん夕食でしょう!

f:id:zankin12yen:20150329223903j:plain

月島にある「ホルモン在市」というホルモン屋に行きました。

f:id:zankin12yen:20150329223907j:plain

f:id:zankin12yen:20150329223911j:plain

簡単な感想をば。

  • 店内は落ち着いている
  • ホルモンは店員が焼いてくれるので、ベストな焼き加減で味わえる
  • ごちゃまぜ焼きが美味しい

 

6.午後半休を取って遊んだ感想

会社休んで遊ぶのって最高やー!

*1:写真に写る来場客の顔にモザイクかけるの大変だった……

広告を非表示にする