財布の中身は残金12円

趣味のために働く既婚サラリーマンの気晴らしブログ。Ninja400Rで週末(最近はほぼ月1)ライダーやっています。

Ninja400Rで北海道ソロツーリング2017(3日目)[2/2]

f:id:zankin12yen:20170917200644j:plain

北海道ツーリング3日目の後編です。
天気︰くもり時々雨、最高気温︰21.5℃(帯広市

北海道ツーリング3日目のルートのおさらい!

3日目からは丸一日を北海道巡りに費やせます!
この日は宿を出発したら襟裳岬まで南下。そのあと東海岸に沿って北上し、帯広を目指しました。

主なツーリング計画は、

  • 襟裳岬百人浜、黄金道路
  • ホクレンフラッグ(緑)を入手!
  • 朝日堂でドーナッツを食べる ←ここまで3日目前編
  • はるにれの木 ←ここから3日目後編
  • ナイタイ高原牧場
  • 帯広でご飯と宿泊!

2日目に比べてガッツリのルートです!

ツーリング動画

今回もがんばって編集しました(`・ω・´)


 

はるにれの木

アメリカンドーナツで空腹を満たしたあとは、すぐ近くにある「はるにれの木」へ。

はるにれの木は、十勝川の河川敷にある牧草地に立つ巨木。豊頃町の指定文化財です。
せっかく北海道までデジタル一眼レフを持ってきたのだ。撮影しに行きますよ!


12:00 河川敷に到着。

階段を降りた先にはるにれの木があります。階段をよく見ると、はるにれの木のイラストがブロック一つ一つに描かれていますね。

f:id:zankin12yen:20170918024326j:plain
CANON EOS kiss X7i, SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM, 1/160, 10mm, F7.1, ISO100

はるにれの木!

はるにれの木は2本あります。
樹高が高くてスリムな1本(手前)と樹幹が幅広な1本(奥)。

f:id:zankin12yen:20170918024417j:plain
CANON EOS kiss X7i, SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM, 1/250, 10mm, F9, ISO100

2本のうち、有名なのが奥の1本。枝葉が横に大きく広がっていることもあって、近づくとけっこうな迫力があります。
一見すると1本の木に見えますが、2本の木が一体化しているのです。

f:id:zankin12yen:20170918024452j:plain
CANON EOS kiss X7i, SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM, 1/200, 10mm, F9, ISO100

河川敷の駐車場には、ハルニレハウスという無人の休憩施設があります。
ここの2階は展望ルームになっており、高い位置からはるにれの木を見ることができるのですが……。

f:id:zankin12yen:20170917201042j:plainf:id:zankin12yen:20170917221641j:plain

ご覧の通り、屋根が邪魔で展望が良いとはお世辞にも言えない感じです。

 

ナイタイ高原牧場へ行く

次はナイタイ高原牧場を目指します!

ナイタイ高原牧場は、この日の宿泊地である帯広市を一度通り過ぎて、さらに北へ行ったところにあります。

牧場は道道806号線から入るのですが、入口が分からず一度通り過ぎてしまいました。案内表示は設置されているのですが、入口直前にあるのと看板が小さくて見づらい。

f:id:zankin12yen:20170918022026j:plain
ここを左折するんですが、気付くと通り過ぎてました……。

広大な高原牧場!

道を進んで上っていくと、放牧された牛たち!見渡す限りの高原!
さすが日本一の広さを誇る公共牧場です。
f:id:zankin12yen:20170918022237j:plain

f:id:zankin12yen:20170918022242j:plain


 

14:20 レストハウスへ行く

さらに進んで、ナイタイ高原牧場の頂上にあるレストハウスへ向かいます。
でも、途中から雨が降ってくる。ふもとは曇りだったのにどういうことだ。

f:id:zankin12yen:20170918022245j:plain

レストハウスに到着。
晴れていれば、頂上のビュースポットから絶景が見られたはずッ!
雨天で見通しが悪かったので、景色はほとんど見られませんでした。残念です……。

レストハウスで休憩しようと思いましたが、混雑して落ち着けそうになかったので断念。早めに宿泊地の帯広市に向かうことにしました。

 

3日目の宿泊先はアパホテル

北海道ツーリング3日目の宿泊先は、アパホテル<帯広駅前>です。
宿泊費は素泊まりで約1万円とお高めなんですが、体をしっかりと休めるため、何より目当てのお店がすぐそばにあるのがアパホテルをチョイスしたの理由です。

ホテルの駐車場所

車だと屋外の提携駐車場(600円/円)なのですが、バイクはホテル脇の広場に駐車させてもらえました。屋根はありませんが、バイク専用スペースになっているので有難い。

ただ、通りからバイクが見えるので、防犯面ではちょっと不安なところも。市街地ですし。U字ロックやディスクロックは必須です。

夕飯は帯広名物の豚丼

さて、夕飯です!

帯広のグルメと言えば……豚丼!!
帯広の豚丼は、砂糖醤油で味付けされた甘辛いタレで焼いた豚肉を使用します。そして、その元祖と知られるお店が「元祖豚丼のぱんちょう」。

というわけで、もちろん「ぱんちょう」に行ってきました!
アパホテルを選んだのは、ぱんちょうを部屋から目視できるほど近いという立地が理由だったのです。

16:30 ぱんちょうへGO

まだ17時前だというのに、既に10組ほどの客が待ち列を作っていました。
普段は行列が苦手な私ですが、今日は違う。わざわざ関東から北海道まで来た私に、引き返すという選択肢など無いのだ。

16:40 ぱんちょうに入店!

一人客ということもあり、相席ですが10分ほどで入店できました。
店内の座席はすべてテーブル席ですが、一人で来た客も多かったので居心地の悪さはなかったです。

豚丼は、肉の枚数によって4種類のメニューがあります。肉の種類は同じ。松竹梅の豪華さの順番が逆なんですね。
私はもちろん「華」をチョイス!(`・ω・´)一番いいのを頼む

メニュー 豚肉の枚数 金額
4枚 900円
5枚 1,000円
6枚 1,100円
8枚 1,300円

これが帯広系豚丼か!

丼からはみ出るほどの豚肉。まさしく華!
肉厚な豚肉がジューシーで、甘辛のタレが食欲をそそります!そして、炭火焼きの香ばしい匂いが絶妙。

豚肉8枚も食べられるかなと不安でしたら、おいしくてペロリと平らげました。

f:id:zankin12yen:20170918023142j:plain
豚丼の華(1,300円)とわかめの味噌汁(180円)を注文しました

食後のデザートを求めて六花亭

食後にはデザートが欠かせない。
ぱんちょうを出たら、次に向かうのは「六花亭 帯広本店」です。

お土産品としてマルセイバターサンドが有名な六花亭ですが、それとは別に「ここでしか食べられない」スイーツがあるのです。
そのスイーツを食べるのが、今回の北海道ツーリングの最大の目的でした。

賞味期限が3時間?!

目当てのスイーツ、それは「サクサクパイ」。

美味しく食べられる時間として店が推奨するのは、なんと「3時間以内」。つまり、賞味期限が3時間!
こよこよ(id:koyokoyo1991)さんの北海道ツーリング記事で、このスイーツの存在を知りました。この記事を読んだときから、是非行きたかった!

また、消費期限が「本日中」なので、お土産として買って帰るのもできません。本当に、ここでしか味わえないスイーツなのです。

店内にはイートインがあって、その場で食べることができますが、ホテルに戻って部屋でゆっくりと味わうことにしました。そのためにアパホテルに宿泊したのですよ。

f:id:zankin12yen:20170918023706j:plain
サクサクパイ(右上)、雪こんチーズ(左)、とかち帯広発(右下)

買ったのは、サクサクパイも入れて全部で3つ。いずれも消費期限が「本日中」です。

サクサクパイ(180円)
サクサクのパイとしっとりとしたクリームがおいしい。賞味期限3時間!

■雪こんチーズ(200円)
ココアビスケットと濃厚なチーズがおいしい。賞味期限2時間!

■とかち帯広発(180円)
サクサクのパイと甘酸っぱいラズベリーチーズクリームがおいしい。

全部おいしいしか言ってねえな。


北海道ツーリング3日目は、走るよりも食べるをメインに過ごしました。
どのお店も、再び北海道に来ることがあれば是非とも立ち寄りたいなぁ!

さて、4日目は三国峠富良野・美瑛へ行き、いわゆるツーリングスポットを巡ります!

北海道ツーリング3日目の走行実績

走行距離
本日の走行距離 266.2km
総走行距離 555.3km
給油
給油量 11.99L
燃費 28.6km/L
使用金額
ホクレンフラッグ(緑) 150円
食事代 2,484円
宿泊代 11,000円
燃料代 1,535円
合計 15,169円
ツーリングルート(再掲)