読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布の中身は残金12円

趣味のために働くリーマンの気晴らしブログ。

年末年始は海外ドラマ「glee」を観て過ごそう!

今週のお題

glee/グリー シーズン1 <SEASONSコンパクト・ボックス> [DVD]

11月24日~12月7日の期間で、はてなブログNetflix共同の特別お題キャンペーンが実施されている。
年末年始に観るべき海外ドラマ」というキーワードで、周りにすすめたい海外ドラマについて、感想や好きなポイントを書いたエントリーを募集するものだ。

今回のエントリーでは、海外ドラマを見始めて半年になるというよんぴる氏にインタビューを敢行。彼の考える「年末年始に観るべき海外ドラマ」を聞いた。

取材/よんぴるの妻


――本日は、よろしくお願いします。

よんぴる
よろしくお願いします。
 

観るべき海外ドラマは「glee

――早速ですが、貴方の考える「年末年始に観るべき海外ドラマ」を教えてください。

よんぴる
glee」ですね。
アメリカの人気テレビドラマシリーズです。2009年5月19日から2015年3月20日にかけて放送されて、全部でシーズン1からシーズン6まであります。まだ全シーズン観終っていないんですが、ぜひ皆さんにお勧めしたいですね。

――以前、NHKでも放送されていた作品ですね。gleeについて、もう少し詳しく教えてください。

よんぴる
ウィリアム・マッキンリー高校という架空の学校の合唱部(グリークラブ)について描かれる、音楽コメディドラマです。
出演しているキャストは、実際のミュージシャンやブロードウェイ俳優などの実力派。彼らが定番曲から最新ヒットソング、ミュージカルの名曲をカバーするパフォーマンスが見どころです。

video.foxjapan.com
www.youtube.com
 

頭からっぽで楽しめる

――gleeのどういった部分が、「年末年始に観るべき」なんでしょうか。

よんぴる
gleeのストーリーは、良い意味で中身がないんですね。
さっきまで落ち込んでいた人物が、次のシーンではケロッとしてる。「いやいや、その展開ありえないでしょ」と思う場面がたくさんある。とにかく勢いでグイグイ進むドラマなんです。

――なるほど。ストーリー性が薄いので、あまり考えずに楽しめるんですね。年末年始は心身ともに休ませられる貴重な期間。そこで、「頭からっぽで楽しる」gleeを観れば、スカッとしてリフレッシュできる。そういった点が年末年始と相性がぴったりということですね?

よんぴる
はい。1話完結というのも、気軽に楽しめるポイントです。

――特に印象的なシーンを教えてください。

よんぴる
シーズン1第3話ですね。
黒人女子のメルセデスが失恋するシーンなんですが、思いを寄せる男子の好きな人が自分ではないと知った次の瞬間、彼の車のフロントウィンドウを石で叩き割って、唐突に歌い始めるんです。
車好きの私としては「なんて酷いことを……」と衝撃を受けました。

――確かにあのシーンは衝撃的でしたが、それと同時に「あぁ、gleeってこういうドラマなんだ」と悟ったシーンでもありました。これは、次のシーンで流れる「Bust Your Windows(あなたの車の窓をぶっ壊してやったわ)」という曲に繋げるための演出だと思うのですが、こういった無理矢理さもgleeの魅力ではないでしょうか。

よんぴる
確かにそうですね。

 

魅力的なパフォーマンス

――gleeといえば、ダンスと合唱を組み合わせたパフォーマンス「ショークワイア」が見どころですよね。お勧めのパフォーマンスを教えてください。

よんぴる
様々な楽曲が繰り広げられますが、その中でも私は「Don't Stop Believin'」をお勧めします。

www.youtube.com

――これはシーズン1の第1話ですね。グリークラブ結成後、記念すべき初パフォーマンスです。gleeでは、ポップスからオールディーズ、ミュージカル音楽まで、幅広いジャンルの曲をカバーしていますが、どれも素晴らしいアレンジですよね。原曲に忠実に演奏しているものもありますが、大胆にガラッと雰囲気を変えている曲も。正直、「原曲よりいいかも…」と思ってしまうこともありませんか?(笑)

よんぴる
は、はい、私もそう思います。

――もちろん、アレンジだけではなく、キャストの歌唱力があってこそです。gleeのキャストは、本当にみんな歌が上手い。特に、主役のレイチェルはどんな曲でも歌いこなす、まさにディーバ(歌姫)。

www.youtube.com

――表情も豊かで、さすがは舞台女優!といったところでしょうか。ただ劇中では、自己中心的な性格のため、仲間から疎まれているという設定なんですよね。彼女持ちの男子に積極的にアプローチしたり、既婚者である顧問の先生の家に押し掛けたり。最初は「何だコイツ」と思う視聴者の方も多いはず(笑)

よんぴる
え、あ、そうですね。

――また、同じく主役級であるカートの存在も、gleeを語る上では欠かせませんよね。彼はゲイで、様々な悩みや葛藤を抱えているキャラクターですが、彼の透明感のある歌声にハマるファンも少なくないのではないでしょうか。毎回、奇抜でお洒落な服装をしているのでそちらも見逃せません。
www.youtube.com

――そして、レイチェルとカートのデュエットも魅力的ですよね。特に、ミュージカル「WICKED」の楽曲である「Defying Gravity」(シーズン1第9話)や「For Good」(シーズン2第22話)が印象深いです。この二人の真っ直ぐな歌声は、本当にミュージカル曲に合いますよね。

よんぴる
はい。

――他にも、回を重ねるごとに個性あふれるキャラクターがたくさん登場します。お気に入りのキャラクターを見つけるのも一つの醍醐味ではないでしょうか。

  

最後に

――gleeについて熱く語ってくださったよんぴるさん、最後に一言お願いします。

よんぴる
(俺、あまり喋っていないような……)
年末年始は「glee」を観て過ごそう!

――ちなみに、我が家ではNetflixではなくHuluでgleeを観ているのですが、それについて何かコメントはありますか。

よんぴる
あー、それ言っちゃうんだ。

――本日はお忙しいところ、ありがとうございました。

よんぴる
ありがとうございました。

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

http://htn.to/vwwRXk

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験

広告を非表示にする