読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布の中身は残金12円

趣味のために働くリーマンの気晴らしブログ。

Peak Designのカメラストラップ「Slide」を買ってみた

カメラ カメラ-カメラ用品

f:id:zankin12yen:20161120022033j:plain
カメラの持ち運びの際に使うカメラストラップ。
EOS Kiss X7iを購入してから、ずっとキヤノン純正のストラップを使用していました。

ですが、不満に思う点がありまして、今回奮発してPeak Designというブランドのカメラストラップ「Slide SL-T-2」を買ってみました!

純正カメラストラップの不満点

長さが短い

f:id:zankin12yen:20161120022047j:plain
首掛けだと首が疲れてしまうので、袈裟懸けで使う派です。
ですが、写真のとおり、ストラップの長さを最大にしてもちょっと窮屈。もう少しストラップが長ければッ!

それと、カメラのレンズが外に向いているので、移動する度に周りにぶつからないかとヒヤヒヤしてしまうんですよね。純正ストラップは、袈裟懸けでの運用は考えられていないのかな。首掛けで使えってことか。

ストラップが邪魔になる

「おっ、良い景色だな。写真撮るか」

カメラを構える

こうなる↓
f:id:zankin12yen:20161120022120j:plain

カメラと顔の間にストラップがかぶってしまい、ファインダーを覗くときに邪魔になることが。これだとシャッターチャンスを逃してしまいます。
そんなこと起こらなくても、シャッターチャンスを逃すのはいつものことですけどね(´・ω・`)

何か良いカメラストラップはないかなぁとネットで調べていると、「これは良さそう!」と思える商品がPeak Designの「Slide SL-T-2」でした。


Slideは、アンカーリンクというコネクターを備えた、手軽に脱着&交換できるストラップです。どういう特長を持っているのかは、公式動画をご覧ください(丸投げ)。

PeakDesign スライドサミットエディション タラック(ネイビー) SL-T-2

PeakDesign スライドサミットエディション タラック(ネイビー) SL-T-2

 

Slideを購入!

f:id:zankin12yen:20161120022154j:plain
届きました。高級感溢れるパッケージ。

f:id:zankin12yen:20161120022211j:plain
蓋を開くとストラップが姿を現します。蓋の裏にはストラップの説明書き。英語なので読み飛ばします( ^ω^)ゲームは説明書をじっくり読んでからプレイする派なんですが、英語ばかりは仕方ないね。

f:id:zankin12yen:20161120022221j:plain
f:id:zankin12yen:20161120022230j:plain
内容物は、ストラップ、アンカー×4、取付プレート(カメラの三脚穴に取り付ける)、六角レンチ(取付プレート用)、ポーチ、Peak Designのステッカーです。

ストラップは太めで、車のシートベルトみたいな感じ。
取付プレートは、アルカスイス規格のクイックシューにもなるそうですよ!ところで、アルカスイスって何ですかね?

f:id:zankin12yen:20161120022309j:plain
左から、取付プレート、アンカー、ベルト側のアンカーリンクです。
装着方法は、アンカーをアンカーリンクに入れて……

f:id:zankin12yen:20161120022318j:plain
スライドさせるだけ。
カチッとしっかりとはめ込むことができ、ガタもありません。

f:id:zankin12yen:20161120022437j:plain
f:id:zankin12yen:20161120022451j:plain
ストラップの長さを調節する、アルミ製の調整リング(quick-adjust handles)。
リングを起こすとロックが解除されて、自分好みの長さに調整できます。

f:id:zankin12yen:20170225133523j:plain
ちょうど肩の当たる部分は厚めのパッドが入っています。
それと、滑り止めのパターンが付いていて、ベルトのずれが気になるときは滑り止め面を体側に、逆にストラップをスルッと動かしたいときは反対の面にと、好みに応じて使い分けられるように作られているようです。

f:id:zankin12yen:20161120022248j:plain
アンカーをカメラ本体に取り付けるとこんな感じです↑
ボディ左側と、取付プレートを使って三脚穴に取り付けています。

f:id:zankin12yen:20161120022333j:plain
カチッ!

f:id:zankin12yen:20161120022550j:plain
袈裟がけにするとこんな感じ。
純正ストラップよりも長く調整できるので、窮屈さを感じません。
カメラが下を向いているので、レンズが物に当たる心配もない!安定感ある!

f:id:zankin12yen:20161120022608j:plain
撮りたいものがあったら、このようにサッとカメラを手に取ることができます。
写真上手なふいんき(←なぜか変換できない)が漂いますな!

f:id:zankin12yen:20161120022614j:plain
もちろんアンカーの位置を変えれば、首掛けにも。

f:id:zankin12yen:20170225155943j:plain
純正ストラップのときみたいに、ストラップが邪魔になることもなさそうです!

Slideの気になるところ

使用してしばらく経ちましたが、気になる点がいくつかありました。

肩パッドが硬くて畳めない

肩パッドが厚いため、ストラップを手に巻いたり、取り外した際に小さく畳めません。カメラを持ち運びするバッグを使うときは、ストラップの大きさを考えないと収納面で難ありかもしれません。

所有する三脚が使えない

f:id:zankin12yen:20170225155953j:plain
アンカーを取り付けるためのプレートは、ボディの三脚穴を使用します。
私はVelbonの安い三脚を持っているのですが、取付プレートが邪魔になって三脚のクイックシューをボディに付けられません。三脚を使う度に取付プレートをいちいち取り外すのも面倒だなぁ……。

Peak Designのカメラストラップ「Slide」を買ってみた感想

首や肩まわりの負担が軽減されて、写真撮影後の疲労感を感じにくくなった気がします。でも、上でお話したように、このままだと三脚が使えないので早めにどうにかしたいところです。

ちなみに、Peak Designには今回レビューしたストラップ「Slide」のほかにもいろんな商品があるようです。今気になっているのは、ハンドストラップ「Clutch」とカメラを腰やバックパックのベルトに装着できる「Capture Camera Clip」という製品です(`・ω・´)

物欲が止まりません!

PeakDesign クラッチ ハンドストラップ CL-2

PeakDesign クラッチ ハンドストラップ CL-2

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

広告を非表示にする