財布の中身は残金12円

趣味のために働く平凡サラリーマンの気晴らしブログ。Ninja400Rで週末(最近はほぼ月1)ライダーやっています。

iPhone下取りキャンペーンでiPod shuffleを手に入れた!

f:id:zankin12yen:20160620223728j:plain

妻がOCNモバイルへのMNP手続きを進めていた1か月前のことです。


「差し出せ……黙ってiPhoneを差し出せ……」

妻が突然言い出したので理由を尋ねたところ、AppleiPhone下取りキャンペーンをやっており、古いiPhoneAppleが買い取ってくれるんだとか。
SIMフリーiPhone SEを買うためにAppleの公式サイトを見ていた妻が、このキャンペーンを見つけ、妻のiPhone 5Sとタンスの肥やしになっている私のiPhone 5を売ろうと思い付いたようです。
買い取り価格はモデルや機器の状態によって変わりますが、2016年5月時点ではこんな感じでした↓

モデル 買い取り価格
iPhone 4、4s 最大2,800円
iPhone 5、5c、5s 最大10,500円
iPhone 6 最大25,000円
iPhone 6 Plus 最大31,000円

なかなか良いお小遣いになりそうですな(`・ω・´)
というわけで、iPhone下取りキャンペーンで古いiPhoneを売ってみました!

iPhone下取りキャンペーンとは?

f:id:zankin12yen:20160620214116p:plain
www.apple.com

下取り対象

iPhoneシリーズ(4~6 Plus)、iPadMacに加え、他社製のスマートフォン、ノートPC、デスクトップPCも下取りに出せるようです。

下取りの出し方

下取りの出し方は2種類あって、下取り額の受け取り方が異なります。

(1) Apple Store(店頭)で

Apple Storeへ行って、店頭で直接iPhoneを下取りに出すと、新しいiPhoneの購入価格から下取り額分がその場で割り引きされます。

(2) オンラインで

オンラインで申し込み、下取りに出したいiPhoneを郵送すると下取り額分のApple Storeギフトカードがもらえます。

私は新しいiPhoneを買わないので、オンラインで申し込むことにしました。我が家の最寄りのApple Storeはあのビッグウェーブで有名な店舗なんですが、いつも混雑していて待ち時間が長いので、行くのが面倒なんですよね……。

下取り額を調べてみた

購入手続きの前に、まずはiPhoneの下取り額を調べます。下取り額は、キャンペーンページにあるオンラインフォームで確認できます。そんなわけで今回の犠牲者はこちら!ぼくのiPhone 5
f:id:zankin12yen:20150315142812j:plain

下のオンラインフォームに、IMEIという製造番号を入力します。製造番号は、設定>一般>情報の「IMEI」で確認できます。
f:id:zankin12yen:20160620220231p:plain

次に機器の状態に関する質問が表示されるので、適切な回答を選びます。私のiPhone 5は運よく落下や水没、故障はなかったので、すべて「はい」を選択。「次へ」をクリックすると、見積金額が表示されました。おいくらですか!!
f:id:zankin12yen:20160620220237p:plain

デデドン!
f:id:zankin12yen:20160620220244p:plain

7,000円でした!4年前の機種なので上等じゃないですかね。
とかヤフオクでも売却はできますが、iPhone 5のように古い機種には良い値段は付かないでしょう(たぶん)。古い機種でもそこそこの値段がつく点は、公式ならではのメリットですね。

2016.5.29 下取りを申し込む

見積金額が分かったので、下取りを申し込みます。所定の欄に必要事項をガンガン記入していけばおk(`・ω・´)
f:id:zankin12yen:20160620220308p:plain

f:id:zankin12yen:20160620220318p:plain

f:id:zankin12yen:20160620220324p:plain
申し込み手続き完了の直前に、5つの確認事項が表示されます。

  1. 譲渡のための所有権について
  2. 本体のデータ消去
  3. アクティベーションロックの解除
  4. SIMカードの取り出し
  5. バイスの電源オフ

この5つの確認事項をやらないと申し込みできないのかと思いますが、そんなことはありません。後日、Appleから届く「送付キット」でiPhoneを郵送するまでにやっておけば良いので、この時点では何もしなくて大丈夫です。
無心でチェックを入れて、「お申し込み」ボタンを押して手続きを完了させるべし(`-ω-´)Zzz...

2016.5.31 送付キットが届いた

f:id:zankin12yen:20160620222803j:plain

下取りの申し込みをしてから2日後、送付キットが届きました。
送付キットは、佐川急便の「受取人確認サポート」というサービスを利用して配送されてきます。これはどんなサービスかといいますと、

送り状に記載されている荷受人本人の名前と住所を、運転免許証など公的証書で確認し、事前登録したパスワード(生年月日の数字8桁)と照合配達するサービスです。
【引用元】受取人確認サポート|サービス一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

ということで、受け取りに本人確認が必要になります。本人でないと配達員は送付キットを渡してくれません。宅配BOXを利用できないのが面倒ですね(´・ω・`)


送付キットの中身は、送付状(兼同意書)、下取りプログラムの説明書、送付伝票(着払い)、ぷちぷち梱包材です。送付キットが入っていた箱も返送時に再利用するので丁寧に扱います。
f:id:zankin12yen:20160620222811j:plain

iPhoneを返送する前に

送付キットでiPhoneを返送する前に、説明書に従ってiPhoneの設定をやります。何も考えずに説明書の通りの順番で設定をすると、

  1. 本体のデータ消去
  2. アクティベーションロックの解除
  3. SIMカードの取り出し
  4. バイスの電源オフ

となりますが、この順番はあまりオススメできません。

アクティベーションロックの解除にはApple IDの認証が必要です。先にデータ消去をすると端末からApple ID情報が削除されてしまうので、アクティベーションロック解除のために再びApple IDを端末に入力するという二度手間が生じてしまうのです。
というわけで、設定の順番は下のようにやるのがオススメ!

  1. アクティベーションロックの解除
  2. 本体のデータ消去
  3. バイスの電源オフ
  4. SIMカードの取り出し
  5. 端末の充電(追加)


売りたいiPhoneを梱包材で包み、サインした同意書と一緒に送付キットの箱に入れます。あとは、伝票を貼付して佐川で配送手続きをすれば完了!

2016.6.7 査定完了のお知らせメールが届いた

送付キットを送ってから1週間後、「査定完了のお知らせ」のメールが届きました。
f:id:zankin12yen:20160620220344p:plain

Apple Renewプログラムへのお申し込みありがとうございます。お客様のデバイスの査定が完了いたしました。準備ができしだい、下記のApple Storeギフトカードが発行されます。

買い取り額は、見積通りの7,000円でした!
ガラスフィルムを貼っていたまま送ったので、それでマイナス査定にならないかとドキドキしていましたが、問題なかったようです。あとはApple Storeギフトカードが発行されるまで待つのみ!

2016.6.8 Apple Storeギフトカードが発行!

f:id:zankin12yen:20160714232427p:plain
f:id:zankin12yen:20160714232258p:plain
査定メールから1日後、Apple Storeギフトカードがメールで発行されました!
てっきりカードが郵送で届くと思っていたのですが、メールで通知されるんですね。最近のインターネットすごい。
メールにはギフトカード番号が記載されていて、これをApple Online Storeで入力すればアカウントに対して金額分が付与されるようです。

Apple Storeギフトカードを使うよ!

ギフトカードを手に入れたら、使わなきゃ(使命感)

Apple Storeギフトカードの使い方は、Apple Store(店頭)での支払い、Apple Online Storeでの支払い、電話注文の3つです。今回は、Apple Online Storeでの支払いにギフトカードを使ってみました。買ったのはこちら!
www.apple.com
iPod shuffleです(・∀・)シャッホゥ

スマートフォンで音楽を聴くとバッテリーが心配なので、音楽鑑賞専用のデバイスが欲しかったのと、価格が6,264円(税込)とギフトカードの金額内に収まるので、iPod shuffleを買うことにしたのです。

というわけで、Apple Online Storeでポチって2日後に届きました!
f:id:zankin12yen:20160620223728j:plain
ちなみに妻もiPhone 5sを売ってギフトカード(11,000円)を手に入れて、一緒にiPod shuffleを買いました。ゴールド(左)が妻の、ブラック(右)が私のです。

iPhone下取りキャンペーンでiPod shuffleを手に入れた感想

ちょうど使わなくなったiPhoneiPod shuffleに変えることが出来たので、私も妻も満足しています。なんか得した気分☆

機種変更して使わなくなったガラケースマートフォンって、だいたい引き出しの中にしまって埃をかぶったまま……というケースが多いんじゃないでしょうか。

ヤフオクや中古買い取りショップで売ることもできますが、初心者にはちょっと敷居が高い……。そういった中で、メーカーが公式で買い取りサービスを実施しているのは、金額が明瞭・トラブルがない・手順が分かりやすい、といった印象があって安心して売ることができる、良い試みだと思います。


新しく手に入れたiPod shuffle、これからガンガン使っていきますよ!
まずは通勤中の電車内で試してみようかな!(通勤時間:電車5分+徒歩25分)

 

広告を非表示にする