読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布の中身は残金12円

趣味のために働くリーマンの気晴らしブログ。

携帯電話代が高いからMVNOにした

MVNO 調べてみた

f:id:zankin12yen:20150614110509j:plain

以前に書いた記事の続き。 

以前の記事では、携帯代が高いので格安SIMといわれるMVNOへの乗り換えを考え、携帯代金の試算をしてみました。

そして今回、大手キャリアのソフトバンクを脱し、OCNモバイルONEに乗り換えました。また、GEOアキバ店での即日開通もやってきたので、それも合わせての備忘録です。

(本記事の内容は2015年3月時点での情報に基づき書きました)

乗り換え先のMVNOについて

まず、乗り換え先のMVNOについてです。

ソフトバンクからMNPするので、音声SIMがあるOCNモバイルONEにしました。それに、即日受け取りができる点が非常に良いです。

 

乗り換える準備

乗り換え先が決まれば、MNPの準備!

(1)スマートフォンを手に入れる

OCNモバイルONEはドコモの回線を利用しますので、ソフトバンクの端末では使用できません。このため、

のどちらかを手に入れる必要があります。

そんなわけで、私が購入を検討したスマートフォンは次の2つ。SIMフリー端末の「Zenfone 5」とドコモ端末(白ロム)の「Xperia Z3 compact」です。

www.asus.com

www.sonymobile.co.jp

コスパに優れるZenfone、機能に勝るXperia。決めるまでかなり悩みましたが、Xperia Z3 compactにしました。

決め手は「防水・防塵」であること。バイクでツーリングに行くとき、カーナビとしてスマートフォンを使うのですが、これまで使っていたiPhoneは防水機能がなかったので、不安だったんです。なので、次に買うスマートフォンは、防水機能付きが良いなと。

白ロムは、オークションなんかで盛んに売買されていますが、これまで白ロムを買ったことのない私にとってはハードルが高い……(´・ω・`)

このため、ちょっと値が張りますが、安心安全の大手通販で買いました。

 

(2)MNP予約番号を手に入れる

次に、MNP予約番号を手に入れました。

ソフトバンクのカスタマーサポートへ電話するか、店頭で申し込むか、どちらでも大丈夫ですが、私はショップが近かったので直接店頭へ行きました。

振り返れば、初めて携帯電話を手にしたのは高校時代。そのときのキャリアは、J-PHONEでした。社名がVodafoneSoftbankに変わったりしましたが、およそ13年間貢いできたキャリアともついにお別れです。清々した!

  

MVNOへ乗り換える

MNP予約番号を手に入れたら、OCNモバイルONEの即日受渡カウンターのある、GEOアキバ店へ行きました。

私が手続きした当時は即日受け取りできるところがGEOアキバしかなかったのですが、今は随分と増えたみたいですね。

店頭でなく、ネットだと1週間ほど不通になるそうなので、即日カウンターが増えたことで、敷居がだいぶ低くなったんじゃないかと思います。

 

次は、具体的な手続きの流れです。

まずは、GEOアキバ店1階の受付カウンターでMNP申し込みをします。ただ、申し込みをした時刻によって、SIMを受け取れる時間が変わります。ここ重要!

受付カウンターに小さく掲示してあるポスターによると、

  • 10:30〜の部:当日16:30受け取り
  • 11:30〜の部:当日20:30受け取り
  • 14:30〜の部:翌日16:30受け取り

つまり、14:30~の部になってしまうと「即日」受け取りできません

私は事前にその辺を調べていたので、即日受け取りができるよう、11:30頃に店頭に到着しました。受付カウンターにいるチャラい店員に、「OCNモバイルにMNPしたいんですが」と言いました。しかし…。

当日受け渡し分の受付は、既に終了したとのこと。

f:id:zankin12yen:20150623210257p:plain

私が訪れたこの日は、11:30時点で「10:30~の部」と「11:30~の部」の分が終了。翌日16:30受け取りの「14:30~の部」しか残っていなかったわけです。ちなみに土曜日。

詳しい説明も無しに「14:30~の部」の整理券を無言で渡してくる店員。思わずこんな表情になりました*1が、仕方ないので14:30になるまで秋葉原で時間を潰すことに。

即日受け取りだから来たのに、翌日も来なきゃ行けないとか面倒でした。遠方から来る人はご注意ください。

 

14:30に再びGEOアキバ店へ。私の他にMNPする方が一人いました。

そして、店員の指示に従い、店頭の別階へ移動。店内の一角に円卓があり、そこで申し込み手続きを進めました。

ですが、円卓のサイズは小さくて、頑張っても大人3人で使うくらいのスペースしかありませんでした。なるほど、それだからMNPの受付がすぐに締め切られちゃうのですね。

手続きの流れをざっくりと。

  1. セミナーのような形式で、店員が申込者に対して一斉に説明
  2. 自分のスマホタブレットでオンライン申し込み*2
  3. 店員が入力内容を確認*3
  4. 引換券を受け取る
  5. 翌日16:30に再び店頭へ行き、引換券と交換にSIMを受け取る

手続きを済ませても、携帯電話はすぐに不通にはならず、しばらく使用出来ました。不通になったのは、申込日翌日の朝10時頃から。ちょうどこの時にキャリアの切り替え処理が行われたんでしょうね。

受け取ったSIMカードを新たなスマホであるXperiaに挿入&設定を行って、ようやくMVNO生活がスタートです。

 

携帯電話代が高いからMVNOにした 

OCNモバイルONEに加入して3ヶ月が経ちますが、使い勝手は良好です。

詳細はまた後日にレビューしようと思いますが、通信速度も充分だし、金額も安いしで、MVNOMNPして良かったと思っています。

手続きがちょいと面倒ですが、携帯代を安くしたい人にはMVNOがオススメです。

 

追記(2015/10/15)

MVNOに乗り換えてから6ヶ月が経ったので、使い勝手をまとめてみました。

zankin12yen.hatenablog.com

 

 

*1: (#^ω^)ピキピキ

*2:私は自分のスマホを使ったけど、店頭のWi-Fiを使うこともできます

*3:クレジットカード情報の記載欄がありましたが、店員は見ないようにしていました

広告を非表示にする